くくる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

くぐる 、 ぐくる 、 ぐぐる 、および くくーる も参照。

日本語[編集]

動詞[編集]

くくるる】

  1. を物の周囲巻いて締める
    1. ばらばらのものを紐や縄などでたばねる
    2. 動かないように縛りつける。くくりつける
  2. 話などを締めくくる。
  3. ひとつに分類する。ひとまとまりにする。
  4. などを括弧で閉じる。

活用[編集]

くく-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
くく

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 くくらない 未然形 + ない
意志・勧誘 くくろう 未然形音便 +
丁寧 くくります 連用形 + ます
過去・完了・状態 くくった 連用形音便 +
言い切り くくる 終止形のみ
名詞化 くくること 連体形 + こと
仮定条件 くくれば 仮定形 +
命令 くくれ 命令形のみ

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
く↗くる
京阪式アクセント[編集]
↗くくる

連語・慣用句[編集]


古典日本語[編集]

発音(括る)[編集]

三拍動詞一類

↗くくる

動詞[編集]

くくる【括る】

  1. (現代語に同じ)くくる。

活用

ラ行四段活用
くく-る

くくるる】

  1. くぐる。

活用

ラ行四段活用
くく-る

沖縄語[編集]

語源[編集]

琉球祖語 *kokoro < 日本祖語 *kəkərə

名詞[編集]

くくる

  1. こころ