しるし

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

しるしし】

  1. しるす連用形

名詞[編集]

しるし(し)、

  1. 証拠記録とするため、または識別のための図柄
  2. 転じて、それらにする物品しぐさ
  3. 抽象概念を具体的な物体等に仮託したもの、象徴
    • 感謝のしるし
  4. 兆候兆し

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
し↗るし
京阪式アクセント[編集]
↗しるし

複合語[編集]


古典日本語[編集]

名詞[編集]

しるし

  1. 霊験。ご利益
  2. 【験】効果効験
  3. 前兆兆候きざし。
  4. 目印めじるし標識
  5. 【標、印】はか
  6. あかし証拠
  7. 神璽

発音[編集]

三拍名詞一類

↗しるし

形容詞[編集]

しるしし】

  1. はっきりしている。顕著だ。明白だ。
  2. 予想通りだ。

活用

ク型活用
しる-し

琉球語[編集]

名詞[編集]

しるし

  1. しるし。標識
  2. 効果効験
  3. 前兆きざし。
  4. 感応