すぐ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

すく および ずく も参照。

日本語[編集]

副詞[編集]

すぐぐ】

  1. 時間をおかずに。極めて短い時間のうちに。ただちに
    しかし、その病気すぐなおるから心配するな。(夢野久作『豚吉とヒョロ子』)
  2. 極めて近い位置に。
    「まあ、此処に居たんですか。」そういうの声が後ろに響いた。私は喫驚して飛び上った。母はすぐ私の後ろに立っていた。(豊島与志雄『楠の話』)
  3. (古語)そのまま。
  4. (古語)まっすぐな。

発音[編集]

東京・京阪アクセント[編集]
す↘ぐ

類義語[編集]

語義1について、

派生語[編集]

古典日本語[編集]

動詞:過ぐ[編集]

すぐぐ】

  1. 過ぎる

活用

ガ行上二段活用
す-ぐ

動詞:挿ぐ[編集]

すぐぐ】

  1. 挿げる

活用

ガ行下二段活用
す-ぐ

参考文献[編集]

  • 大槻文彦編、1889年~1891年『言海 日本辞書』(全4冊)、紙面523ページ、デジタル335ページ、全国書誌番号:55008098、近代デジタルライブラリー pid 992954/335