すぎる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

すぎるぎる】

  1. 事柄が去り行く。
  2. ある地点よりも行く
  3. 時間がある時点超える
  4. 程度普通を超える。
    1. (補助動詞的に)
      • 着くのが早すぎた。早く着きすぎた。
      • ちょっと言いすぎてしまった。
      形容詞、補助形容詞のないに後続する場合は「なすぎる」となる。
      • 面白くなさすぎる
      助動詞のないに後続する場合は「なすぎる」となることが多い。
      • 食べなすぎる、食べなさすぎる
      ただし「しない」「こない」に後続する場合は「しなすぎる」「こなすぎる」となる。
      また「いない」「きない」「みない」「でない」など語幹が一文字の動詞を否定する「ない」に後続する場合も「-なすぎる」となる傾向がある。
      「-ない」で終わる形容詞に後続する場合は「-なすぎる」となることが多い。
      • つまらなすぎる、つまらなさすぎる
  5. つりあわないほど良い
    • には過ぎた奥さんだ。
  6. (専ら否定で)ある境界を越えない。

活用[編集]

す-ぎる 動詞活用表日本語の活用
ガ行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ぎる ぎる ぎれ ぎよ
ぎろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 すぎない 未然形 + ない
意志・勧誘 すぎよう 未然形 + よう
丁寧 すぎます 連用形 + ます
過去・完了・状態 すぎた 連用形 +
言い切り すぎる 終止形のみ
名詞化 すぎること 連体形 + こと
仮定条件 すぎれば 仮定形 +
命令 すぎよ
すぎろ
命令形のみ

関連語[編集]