すく

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞:好く[編集]

く】

  1. このむ

活用[編集]

す-く 動詞活用表日本語の活用
カ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形


各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 すかない 未然形 + ない
意志・勧誘 すこう 未然形音便 +
丁寧 すきます 連用形 + ます
過去・完了・状態 すいた 連用形音便 +
言い切り すく 終止形のみ
名詞化 すくこと 連体形 + こと
仮定条件 すけば 仮定形 +
命令 すけ 命令形のみ

翻訳[編集]


動詞:透く[編集]

く】

  1. すける

活用

カ行五段活用
す-く

動詞:空く[編集]

く】

  1. 混み合いが緩和される。
    • この時間帯はいつも空いている。

活用

カ行五段活用
す-く

関連語[編集]


動詞:梳く[編集]

く】

  1. くし髪の毛とかすこと。

活用

カ行五段活用
す-く

動詞:漉く・抄く[編集]

紙漉き。イタリアモンセーリチェの中世祭にて

く, く】

  1. を作る工程の一つ。一般的に、人が手で「すく」場合は「漉く」の字を用い、機械で「すく」場合は「抄く」の字を用いる。

活用

カ行五段活用
す-く

動詞:鋤く[編集]

く】

  1. すきくわ田畑耕すこと。

活用

カ行五段活用
す-く

名詞[編集]

(すく)

  1. 秀逸俳句詩歌秀句しゅうくともいう。

古典日本語[編集]

動詞:助く[編集]

く】

  1. ける(たすける)の文語的表現。

活用

カ行下二段活用
す-く

派生語[編集]


動詞:食く[編集]

く】

  1. う。べる。

活用

カ行四段活用
す-く

動詞:剥く[編集]

く】

  1. 薄く切る

活用

カ行四段活用
す-く

動詞:抄く[編集]

く】

  1. すく

活用

カ行四段活用
す-く

動詞:結く[編集]

く】

  1. 編む

活用

カ行四段活用
す-く