なおる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

  • なお」(まっすぐな)+「る」(なる)
    曲がってしまったものがまっすぐになる。
    →悪化したものがもとの状態に戻る

動詞[編集]

なおる

  1. る】 悪くなった物事が戻っ良くなる。
    1. 誤り正される。
    2. 壊れた物が使えるようになる。
    3. 乱れた物が整う
    4. 元の姿勢に戻る。
      • 前にならえ。直れ。
    5. (古)座る
      • そこに直れ。
    6. (西日本方言)物が元の場所に戻る。
  2. る】 の物事に変わる
    1. 作り変わる
    2. 翻訳される。
    3. 換算される。
  3. る】から、回復する。治癒する。

活用[編集]

なお-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
なお

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 なおらない 未然形 + ない
意志・勧誘 なおろう 未然形音便 +
丁寧 なおります 連用形 + ます
過去・完了・状態 なおった 連用形音便 +
言い切り なおる 終止形のみ
名詞化 なおること 連体形 + こと
仮定条件 なおれば 仮定形 +
命令 なおれ 命令形のみ

発音[編集]

東京アクセント[編集]
な↗お↘る
京阪アクセント[編集]
↗なおる

関連語[編集]

翻訳[編集]

語義1

語義3