はす

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞:蓮[編集]

ハスの花

はす

  1. ハス科の植物、またその花。多年性水生地下茎蓮根として食用になる。仏教ヒンズー教では宗教的象徴として用いられる。(花は夏の季語、実は秋の季語)

関連語[編集]

翻訳[編集]

参照[編集]

名詞:斜[編集]

はす

  1. ななめ

関連語[編集]

名詞:鰣[編集]

はす

  1. コイ科の淡水魚。(夏の季語)
  2. 関西地方オイカワの異名。

動詞:馳[編集]

はす

  1. (思いをはす)想像力をはたらかせて、遠いところに思いをめぐらせる。はせる
    • 歴史を学び、未来に思いをはす
は-す 動詞活用表日本語の活用
サ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 はさない 未然形 + ない
意志・勧誘 はそう 未然形音便 +
丁寧 はします 連用形 + ます
過去・完了・状態 はした 連用形音便 +
言い切り はす 終止形のみ
名詞化 はすこと 連体形 + こと
仮定条件 はせば 仮定形 +
命令 はせ 命令形のみ

古典日本語[編集]

発音(連体形)[編集]

三拍動詞二類

平安時代[編集]

ふぁす↗る

南北朝時代[編集]

ふぁ↘す↗る

室町時代[編集]

ふぁ↘する

江戸時代[編集]

は↘する

動詞[編集]

はすす】

  1. ける。まわる。
  2. はしらせる。
  3. (思いを)ける。

活用

サ行下二段活用
は-す

諸言語への影響[編集]