五十歩百歩

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

ことわざ[編集]

(ごじっぽひゃっぽ)

  1. 程度はあっても、本質同じであること。
    美醜よっ判断せずに、才能によって判断するということは、所詮同じことではないか。標準が美醜から才能へかわったところで、五十歩百歩のことである。(坂口安吾『新らしき性格感情』)

発音[編集]

ご↗じっぽひゃっ↘ぽ

翻訳[編集]

出典[編集]

(白文)

孟子対曰、「王好戦 請以戦喩。填然、鼓之、兵刃既接。棄甲曳兵而走、或百歩而後止、或五十歩而後止。以五十歩笑百歩、則何如。」曰、「不可。直不百歩耳。是亦走也。」曰、「王如知此、則無望民之多於隣国也。」

(書き下し文)

孟子対へて曰く「王、戦を好む。請ふ戦を以て喩へむ。填然として之を鼓し、兵刃既に接す。甲を棄て兵を曳きて走る。或いは百歩にして後に止まり、或いは五十歩にして後に止まる。五十歩を以て百歩を笑はば、則ち何如」と。曰く「不可なり。直だ(ただ)百歩ならざるのみ。是(これ)も亦走るなり」と。曰く「王如し此を知らば、則ち民の隣国より多きこと望むこと無からむ。」

(訳)

(王の問[国の人口が増えないことに)孟子がお答えして申すに「王は、戦がお好きだから、戦を以て喩えさせて下さい。今、まさに太鼓をたたいて、干戈を交えようとしたところに、鎧を脱ぎ捨て武器を引きずって逃げた者がいます。ある者は百歩逃げて止まり、ある者は五十歩逃げてふみ止まりました。この時、五十歩の者が百歩の者を(臆病者と)笑ったならば、いかがでしょうか。」王は言った「駄目だ。(五十歩の者も)ただ百歩でないだけだ。五十歩の者も逃げたのである。」、孟子は言った「王がこれを理解なさるなら、民が隣国より多いことを望むべきではないでしょう。」

関連語句[編集]