使

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

使

字源[編集]

  • 会意形声。「人」+音符「」。仕える人の意味(説文)。「吏」は「の原字)」の略体+「記録入れる竹筒)」+「(手)」で記録したものを届けるさま、貴人に仕え、使役される人を意味する。
  • 」「」と同系で音が通ずる。

[編集]

中古音1 漢音 呉音 普通話 朝鮮語 ベトナム語
A 生止上 shǐ
B 生志去 shǐ

^1. 中古音は『広韻』による。

意義[編集]

( )内に対応する訓を示した。

A[編集]

動詞[編集]
  1. (つか-う)
    1. 働かせる。使役する。
    2. 用いる。使用する。
    3. 自由にさせておく。
      夫爲人剛直使酒(灌夫の人となりは、剛直で酒の勢いにまかせた振舞いがある)『史記』「灌夫伝」
  2. 派遣する。(つか-わす)
  3. 〔使A V B:Aは使役の対象、Vは動詞、BはVの目的語〕Aを使役して、結果としてAがBをVする。AにBをVさせる。(AをしてBをVせしむ)
名詞[編集]
  1. 使命
  2. 官職の一種で、令外の官に付けられた名前。使職
接続詞[編集]
  1. 〔使A V B:Vは動詞、AはVの主語、BはVの目的語〕仮にAにBをVさせたなら、という仮定条件を表す。(もしA BをVせば;AをしてBをVせしめば)
    使六国各愛其人(もし六つの国がそれぞれ自分の国民を愛したならば)「阿房宮賦」杜牧

B[編集]

名詞[編集]
  1. 使者。(つか-い)
動詞[編集]
  1. 使者として派遣先へ赴く。(つか-いする)

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. 使者
  2. )(仏教)煩悩

略語[編集]

  1. 検非違使の略。

熟語[編集]

中国語[編集]

使 *

動詞[編集]

  1. 使つかう。
  2. ~に…させる。

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

使 *

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

使 *

名詞[編集]

  1. 使節使者

コード等[編集]

点字[編集]