出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「广」(家)+ 音符「」(積み土の下部を表した指事文字。又は、ナイフ(氏)で底を平にする意の会意文字。いずれにせよ「下」という意味)を合わせて、家屋の「そこ」「最下部」を意味する。同系語になど。

意義[編集]

  1. (器や図形などの)そこ
    対義字:

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. そこ図形地形など、物体の最もになる部分。即ち、ある部分の周囲が全て、その部分よりも高い位置をなしている場合のある部分。
    谷の / 鍋の
  2. テイ累乗演算において、繰り返し掛け合わせられる数。
対義語

熟語[編集]

中国語[編集]

*

名詞[編集]

  1. そこ
  2. 内情
  3. 草稿
  4. 下地

人名[編集]

  1. 中国人ののひとつ。

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]