うわさ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

うわさ

  1. 世間言いふらされている、真偽不明の
    この研究所閉鎖するというありますが、本当でしょうか。(坂口安吾『老嫗面』)
    人のうわさも七十五日
  2. その場にいない人の行動や身の上などについて語ること。また、そのような話。
    「出入り場のをするようで良くねえが、師匠はおいらから見ると半分も年が違うんだから、なんにも知らねえ筈だ。その娘(こ)は自分の名をなんとか云ったかえ」(岡本綺堂『半七捕物帳』「津の国屋」)

関連語[編集]

翻訳[編集]

動詞[編集]

  1. 真偽不明の話を言いふらす。
    喜平次と伊太郎は気味が悪くなって来た。世間で噂する通り、その声が普通の人間とは違っているばかりか、近いような、遠いような、悲しんで泣くような、嘲(あざけ)って笑うような、判断に苦しむ此の声の主は何物であろう。
  2. その場にいない人の話をする。
    稀に見る勤勉家だ、何という好もしい学者青年だろう――と此処所長のことを噂しているそうだ思え汗顔至りだ。(牧野信一『風媒結婚』)
    ちょうど今、あなたのことを噂していたところなんです。

活用

サ行変格活用
うわさ-する

翻訳[編集]