出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
さ 教科書体
書き順

日本語[編集]

助詞[編集]

終助詞[編集]

ほぼ同用法の助詞「」に比べて相手に確認する意が弱い。

  1. 主張を強調する。反駁を表す。
    • 僕にだってやれる
  2. 無責任さをこめる
    • まあ、気にしない
  3. 直接経験していないことを紹介する
    • 昔々、おじいさんがおったと
  4. 強い疑問を表す
    • どうしたの
  5. 文節の切れ目に入れて、語調を整えたり、話が続くことを示したりする
    • そこで、僕が、言ったんだよ

格助詞[編集]

  1. 東北方言などで、動作や作用の向けられる方向・場所・相手を示す。「」が変化したもので、「」に相当。
    • おら東京行ぐだ

感動詞[編集]

さあの形もとる

  1. 人を誘うことを表す
    • 、行こう。
  2. 驚いたり、困っていることを表す
    • 、どうしよう

接頭辞[編集]

  1. 】 語調を整える。実質的な意味はないが、時に美化して言う。
  2. 田植えの時期に関係のあることを表す。
  3. 早い時期のものを表す。
  4. 強調する
  5. 時間を表す語について、その先のものを表す
    • 来年

接尾辞[編集]

  1. (形容詞・形容動詞の語幹に加えて)程度、そうであることを示す名詞を作る。
    • 楽し
    • 静か
    • 暖か
    • 金欲しの犯行

参照[編集]

漢字[編集]

Wiktionary:漢字索引 音訓 さ#サ参照

文字コード[編集]