しま

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シマ および しまー も参照。

日本語[編集]

名詞:地形[編集]

しま, ,

  1. 周囲囲まれた陸地
  2. 頼れるもの。
  3. 築山のある庭園
  4. 遊郭縄張りなどの限られた地域
  5. 八丈島三宅島など、罪人送られる遠い土地
  6. 島台」の略。

語源[編集]

古典日本語しま」 < 日本祖語 *sima

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
し↗ま↘
京阪式アクセント[編集]
し↘ま

類義語[編集]

対義語[編集]

規模の観点から

派生語[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

名詞:図柄[編集]

しま,

  1. いくつか素材などがまたはそれを組み合わせて並んでいること。

下位語[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

同音異義語[編集]

しま



沖縄語[編集]

語源[編集]

名詞[編集]

しま

  1. (地形) 島。
  2. むら村落
  3. 故郷
  4. 領地
  5. (織物の)縞。
  6. 相撲すもう

北奄美大島語[編集]

語源[編集]

琉球祖語 *sima < 日本祖語 *sima

名詞[編集]

しま

  1. (地形) 島。
  2. むら村落

古典日本語[編集]

語源[編集]

日本祖語 *sima

発音[編集]

二拍名詞三類

平安時代[編集]

↘しま

南北朝時代以降[編集]

し↘ま

名詞[編集]

しま

  1. (地形) 島。
  2. にわいけの中にある築山つきやま
  3. 【山斎】池や築山のある庭園
  4. (近世語)遊郭