たけのこ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞:竹の子、筍、笋[編集]

語義1

たけのこ

  1. 地下茎から出てくる新芽鱗片状の包まれている。食用にする。たかんな[1]季語
  2. 医者」の

発音[編集]

た↗けのこ

関連語[編集]

翻訳[編集]

名詞:竹の籠[編集]

たけのこ【竹の

  1. 竹を編ん作っふご[2]

固有名詞[編集]

たけのこ

  1. 狂言生えた筍を畑主が採っていると、の主が来て、こちらの藪から生えたのだから許さぬと争い仲裁者がさまざま取りなした末、ついに相撲勝負を決する[2]竹子争たけのこあらそい

発音[編集]

た↗けのこ

脚注[編集]

  1. 上田万年松井簡治『大日本国語辞典』 金港堂書籍、第3巻、1917年12月4日、紙面476ページ、デジタル242ページ、全国書誌番号:43022818、国立国会図書館デジタルライブラリー pid 954647/242
  2. 2.0 2.1 下中弥三郎編『大辞典』 平凡社、第17巻、1936年1月24日、紙面35ページ、デジタル23ページ、全国書誌番号:67012501、国立国会図書館デジタルライブラリー pid 1873490/23