のり

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

日本語[編集]

名詞:海苔[編集]

食材の海苔
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア 海苔 の記事があります。

のり

  1. 食用となる海藻のうちアサクサノリ(紫海苔)、アオノリ、カワノリなどの総称。
  2. 紫海苔などをすいて乾燥させ紙状にした食材。板海苔。
  3. 紫海苔などを佃煮にした食材。

翻訳[編集]

  • 英語:laver、dried seaweed(類縁のものであり一致しているものではない)
  • 朝鮮語:,해태

名詞:糊[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

のり

  1. 紙などを接着させたり、布地の形を整えたりする材料。

関連語[編集]


翻訳[編集]

名詞:乗り[編集]

のりり】

  1. 乗ること。また、乗る人。
  2. 化粧などのつき具合
  3. 協同あいのり
    • あすこの姐さんが私と乗りで商売しようといふんですの。そしたら区長さんにいくらか出させるくらゐのことは出来るかも知れないけれど、乗りぢや矢張駄目だわ。(徳田秋声『死に親しむ』)
  4. (「ノリ」とも表記)場の高揚した雰囲気いきおい。またそのような雰囲気に容易に合わせられること。調子づくこと。
  5. (「ノリ」とも表記)アップテンポ音楽などの調子。またそれに合わせること。

接尾辞:乗り[編集]

のりり】

  1. 乗ること。
    • 波乗り。玉乗り。
  2. 乗る人。
    • 飛行機乗り
  3. 定められた乗員数。
    • 4人乗りの車

古典日本語[編集]

語源[編集]

べる」の祖語「のぶ」の古い形「のるる、る)」より。呪力のある言葉を神や魔に告げるの意。「のろう」、祝詞のりとみことのりも同源。

名詞:規[編集]

のり, , , , , , , ,

  1. おきてルール規範規則
    • 七十にして心の欲する所に従へどものりを踰へず。
      • 論語為政』中「七十而從心所欲、不踰矩。」の一般的訓読。
      70歳になって、どんなに心の赴くままに行動しても、世の道理を外れることがなくなった。
  2. 【規、法】長さ、定規ものさし
  3. 【規、度】規準標準

複合語[編集]

派生語[編集]

翻訳[編集]