出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

意義[編集]

(括弧内は『広韻』、外は『詩韻』に従う。)

去声偶(暮)韻[編集]

名詞[編集]
  1. ものさし目盛り
    度量衡」、「尺度」、「鮮度」。
  2. 様子態様
    態度」。
  3. 規準
    制度」、「法度」、「度外視
動詞[編集]
  1. 仏教で彼岸わたる。(「」を参照。)
    「度一切苦厄。」(一切の苦厄を度せり。)
    観自在菩薩は)すべてのを(超えて彼岸に)渡った。(玄奘訳とされる『般若心経』より。ただしサンスクリット版にない文句。)
量詞[編集]
  1. 回数。たび
    再度」、「都度」。

入声薬(鐸)韻[編集]

  1. 推し量る
    忖度」。

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

発音[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

コード等[編集]