出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

漢字[編集]

字源[編集]

則-bronze.svg則-bronze-2.svg 則-bronze-spring.svg 則-bronze-warring.svg 則-silk.svg則-silk-2.svg則-silk-3.svg則-silk-4.svg則-silk-5.svg 則-slip.svg 則-ancient.svg則-ancient-2.svg 則-zhou.svg

則-seal.svg

則-bigseal.svg
金文

金文 金文 簡帛文字 簡牘文字 古文 籀文

小篆

流伝の古文字
西周 春秋時代 戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. のりおきて
  2. のり模範手本
  3. のっとる
  4. 漢文 すなわち。直前の語句を仮定と明示し、その結果を述べる助字。俗に「レバ則」。
    • 学びて思わざれば則ち暗し。思いて学ばざれば則ち殆うし。
      (解釈)学んでも考えなければ、これでは理解したとは言えない。思っても学ばなければ、正に危ない。『論語』為政第二 15節)
  • (字義1、2)類義字:
  • (字義4)類義字:

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. (ソクのり) きまり規則
  2. (のり) 模範手本
    • 身を以ってを示す。
  3. (のり) 道理道徳
  4. (のり) 方式やり方

接尾辞[編集]

  1. (ソク) 法則規定などを数えるのに用いる

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]