出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「」+「」または「𥝌」。人が木陰でやすむさまを象る[字源 1]。{休 /*hu/}を表す字。
  • 戦の講和の軍門を示し、戦時の褒賞が原義(白川)。この記述は甲骨文字金文などの資料と一致していない記述が含まれていたり根拠のない憶測に基づいていたりするためコンセンサスを得られていない。
休-oracle.svg 休-bronze.svg

休-seal.svg

休-bigseal.svg
甲骨文字 金文

小篆

流伝の古文字
西周

説文
(漢)
《六書通》
(明)
  1. 裘錫圭 『文字学概要』 商務印書館、1988年、143-144頁。
    季旭昇撰 『説文新証』 芸文印書館、2014年、492頁。
    王子楊 「釈花東甲骨卜辞中的“𥝌”」 『古文字研究』第31輯 中国古文字研究会等編、中華書局、2016年、73-79頁。
    林志強等評注 『《文源》評注』 中国社会科学出版社、2017年、533頁。

関連字[編集]

」を音符とする形声文字 (諧声域=*KU)
見母 溪母 匣母 影母 曉母
一等 平声 豪韻 𣐾
上声 皓韻
去声 號韻
入声 沃韻
見母 溪母 匣母 影母 曉母
二等 平声 肴韻
上声 巧韻 -
去声 效韻
入声 覺韻
見母 溪母 群母 影母 曉母
三等A 平声 尤韻 𩢮
(幽韻:
上声 有韻 (麌韻:
去声 宥韻 -
入声 屋韻
見母 溪母 群母 影母 曉母
三等B 平声 脂韻
上声 旨韻
去声 至韻 -
入声 屋韻

意義[編集]

  1. やすむやすまるやすめる
  2. やめるやむ

日本語[編集]

発音(?)[編集]

熟語[編集]


中国語[編集]

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]