やめる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

動詞:やめる[編集]

やめるめる/(旧)める、める、める】

  1. (完了せずに)~を終えること。
    これ以上書くとイヨイヨ笑われそうだからやめる。(夢野久作『探偵小説漫想』)
  2. める】(ある職や任務)をすること。
    「堂島さんが辞めたってね」「ああそうか、道理で今日来なかったんだな。前々から辞める辞めると言ってたよ」(岡本かの子『越年』)

活用

マ行下一段活用
やめ-る

発音[編集]

東京アクセント
や↗める

関連語[編集]

翻訳[編集]

語義1

語義2

動詞:病める[編集]

やめるめる】

  1. がある。痛む
    人々はしばしばのように語る懐疑は疲れ、傷つき、病める心のことであって、健康で活動するの知らないことであると。(三木清『語られざる哲学』)

活用

マ行下一段活用
やめ-る

発音[編集]

東京アクセント
や↗め↘る