労作教育

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(ろうさくきょういく)

  1. 19世紀末以来、ドイツを中心に興っ教育運動。書物を用いて知識を詰め込む受動的教育を批判し、能動的労働生産作業を体験させることにより、児童の人格的成長を図る。ゲオルク・ケルシェンシュタイナー (Georg Kerschensteiner) らが主唱作業教育勤労教育労働教育

発音[編集]

ろ↗ーさくきょ↘ーいく

翻訳[編集]