出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

守-oracle.svg 守-bronze.svg

守-seal.svg

守-bigseal.svg
甲骨文字 金文

小篆

流伝の古文字
西周

説文
(漢)
《六書通》
(明)
  1. 張世超、孫凌安、金国泰、馬如森 『金文形義通解』 中文出版社、1996年、1848-1852頁。
    曾憲通、陳偉武 『出土戦国文献字詞集釈』 中華書局、2018年、3555頁按語。

意義[編集]

  1. まもる

日本語[編集]

発音(?)[編集]

名詞[編集]

  1. かみ)日本の律令制における、令制国国司長官

接頭辞 [編集]

  1. シュ位階官職とを併記するとき、官職に冠して、位階が低く、官職の高いことを表わす。
    • 従三位大納言
      • 大納言」に相当する位階は正三位、この場合、「従三位」を拝しているため、「大納言」の前に「守」を付す。
対義語[編集]

熟語[編集]


中国語[編集]

*

動詞[編集]

  1. まも
  2. (規則などを)遵守する
  3. 看護する

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]


ベトナム語[編集]

*


コード等[編集]

点字[編集]