出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+音符「」、「庚」は杵を両手で持つ形、「用」は木組みで、土を木組みで囲んで突き固める労役を意味するとも。「雇傭」「傭兵」の「」の原字。

意義[編集]

  1. もちいるやとう
    庸作登庸
  2. なみ普通ありふれた変わった点を持たない。
    庸人庸言中庸平庸凡庸
    • 類義字:
    • 対義字:(並外れる、特別で優れる、まれで優れる)

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
  1. ヨウちから、ちからしろ)日本の律令制における税役のひとつで、労役を提供するもの。

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]