出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

意義[編集]

  1. きだ。布の長さを計る単位。
    • ※周王朝の中国では、「常」は約3.6メートル。その半分「」は約1.8メートル。
  2. つねなみ一般
  3. なみ。ありきたり平凡
  4. しきりに。頻繁
  5. つね。とこ永久
類義字
  • (語義2~3)
  • (語義4)
  • (語義5)
対義字
  • (語義2~3)
  • (語義4)

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. (つね) 広く通用すること。共通特性として見られること。例外特殊ではないこと。
  2. (つねなみ) ありふれていること。標準的であること。

熟語[編集]


中国語[編集]

*

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]


ベトナム語[編集]

*


コード等[編集]

点字[編集]