出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
機の筆順。詳しく知りたい場合、も参照すること。

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「木」+音符「」、「幾」は「幺幺(の上部:わずかに)」+「」+「」で「戈」が「人」にあとわずかで迫る様、わずかな動きを伝える装置の意(藤堂)。又は、「幾」は祭祀のために飾り「幺幺」をつけた「戈」で、その呪術が効能を示すこと(はたらく→機能する)を意味するとも(白川)。

意義[編集]

  1. はた。布を織るための装置。
  2. しかけ装置
  3. しくみ
    機構
  4. はたらき
    機能
  5. きざしきっかけチャンス
    機会機転転機動機
  6. 潮時
    時機待機
  7. 重要
    機密
  8. 航空機飛行機の略称、又は造語成分。
    機上

日本語[編集]

発音[編集]

名詞: 日本語[編集]

(き)

  1. 物事の起こるきっかけ。物事を行うのによい時機機会
    熟す
    乗じる
  2. 航空機飛行機の略称。

発音[編集]

  • キ↘

接尾辞: 日本語[編集]

  1. 飛行機の助数詞。
  2. (ゲーム用語)残機制ゲームにおいて、プレイヤーが操るキャラクターの助数詞。スペースインベーダーがブームだった1978年頃から既に使われていた[1]。1.の誤用か。
    「1機やらせてもらってもいいですか?」(ゲームセンターCX内でのセリフ)

熟語: 日本語[編集]

中国語[編集]

*

簡体字:

熟語: 中国語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]

脚注[編集]

  1. ルパン三世 (TV第2シリーズ) 第111話「インベーダー金庫は開いたか?」後半パートでは、次元がルパンに「残り1機」という表現をしていたことからも、初回放送時である1979年11月には一般に定着していたことがわかる。