出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

草書体

馬-jbw.png(学校で教えている筆順)
馬-jbw2.png[1]

字源[編集]

馬 馬 馬 馬
甲骨文字 金文 大篆 小篆

意義[編集]

  1. うま

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアウマ の記事があります。

発音[編集]

名詞[編集]

  1. (うま) ウマ目(奇蹄目) ウマ科に属する動物の総称、特にウマ属に属するウマ。古くから家畜として飼われ、主に乗用や運搬、農耕などの使役用に用いられるほか、食用もされる。日本語では馬肉を桜肉とも称する。
  2. 木製または鋼鉄製の4本足の作業台。自動車整備時に車体を仮支えする時、大工仕事で切る木材を支えるなど、用途により多種存在する。

翻訳[編集]

ウマ目ウマ科に属する動物

  • 英語: horse,(牝馬はmareであり多言語との関連性が指摘される)

(その他、詳細は『うま』を参照)

作業台

造語成分・略称[編集]

  1. 馬来西亜の第1字)マレーシアを意味する語を作る。
  2. 馬来の第1字 主に戦前に用いられた歴史的用法)マレーマライを意味する語を作る。

熟語[編集]


中国語[編集]

*

名詞[編集]

  1. うま
  2. (象棋)馬

人名[編集]

  1. 中国人ののひとつ。百家姓第52位。

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

人名[編集]

  1. 朝鮮人ののひとつ。

熟語: 朝鮮語[編集]


ベトナム語[編集]

*


コード等[編集]

点字[編集]

脚注[編集]

  1. 『大きな活字の楷行草筆順・字体字典』江守賢治 三省堂 1983年