おわる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語 をはる

動詞[編集]

おわるわる、る、わる、る、わる、る、わる、る、る】(歴史的仮名遣い:をはる

  1. 限界に達する。すえに至る。終了する。
    • 日本は第二次世界大戦が終わるまで、最近五十年の間に五回ほど戦争をやっております。(浅沼稲次郎 『浅沼稲次郎の三つの代表的演説 』)
  2. (「におわる」「でおわる」の形で)最終的にそのような結果になる。良い成果が得られなかったというニュアンス。
  3. おえる。終了させる。
  4. 衰える。だめになる。過去存在となる。
  5. 悲観的になる。絶望的になる。
  6. (補助動詞)行為完結する。
    • 読み終わる。食べ終わる

活用[編集]

おわ-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
おわ

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 おわらない 未然形 + ない
意志・勧誘 おわろう 未然形音便 +
丁寧 おわります 連用形 + ます
過去・完了・状態 おわった 連用形音便 +
言い切り おわる 終止形のみ
名詞化 おわること 連体形 + こと
仮定条件 おわれば 仮定形 +
命令 おわれ 命令形のみ

発音[編集]

東京アクセント
お↗わる
京阪アクセント
↗おわる

類義語[編集]

対義語[編集]

派生語[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

参考文献[編集]

  • 大槻文彦編、1889年~1891年『言海 日本辞書』(全4冊)、紙面1107ページ、デジタル630ページ、全国書誌番号:55008098、国立国会図書館デジタルライブラリー pid 992954/630