出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 」の略体。「總」は、「」+ 音符「(「」の原字)」、窓に向かって気が集まるの意で多くの糸を集める意味の会意形声

意義[編集]

  1. ふさ。色糸を集めくくったかざり。
  2. べる。ぶ。統治する。
  3. すべて。すべて。みな。

代替字[編集]

  • ""の代替字として用いられる。

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. ふさ)多くの糸が束ねられたものが先端近くで装飾的にまとめられ、そこから先の部分が散らされて垂らされたもの。飾り房。
  2. (ふさ)花や果実などの形状で、小さなものが集まって垂れ下がっているもの。

翻訳[編集]

飾り房。

縁飾りの房。

果実などの房。

毛髪・草などの房。

動詞[編集]

総ずる(そうずる)

  1. まとめる。

活用[編集]

総-ずる 動詞活用表日本語の活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形

ずる ずる ずれ じろ
ぜよ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 総じない 未然形 + ない
否定(古風) 総ぜず 未然形 +
自発・受身
可能・尊敬
総ぜられる 未然形 + られる
丁寧 総じます 連用形 + ます
過去・完了・状態 総じた 連用形 +
言い切り 総ずる 終止形のみ
名詞化 総ずること 連体形 + こと
仮定条件 総ずれば 仮定形 +
命令 総じろ
総ぜよ
命令形のみ

派生語[編集]

熟語[編集]


中国語[編集]

又は参照


朝鮮語[編集]

参照


コード等[編集]