ことわる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

  • こと(物事、言葉)」を「割る」:物事や言葉を割って内容を吟味するの意。

動詞[編集]

ことわる(わ)る】

  1. ものごとの理非善悪判断する。
  2. 判断した内容理解する。
  3. 内容を理由づけて説明する。
    • それには月々の勘定をきちんとすると云う事実が与( あず )かって力あるのは、ことわるまでもない。(森鴎外 『雁』)
  4. あらかじめ説明又は言明する。
    • そうは断ってないけれども、緒論を読むとその辺の消息が多少窺われるような気もする。(夏目漱石 『マードック先生の「日本歴史」』)
  5. 理由を説明してわびる
  6. 他人からの提案申し出採用しないことを言明する。辞退する。
    • 東京帝大教授として、文部省の愚劣さを知りぬいていたから、そういうところからくれる博士号などは欲しくないと云って、ことわった。(宮本百合子 『行為の価値』)

活用[編集]

ことわ-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ことわ

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 ことわらない 未然形 + ない
意志・勧誘 ことわろう 未然形音便 +
丁寧 ことわります 連用形 + ます
過去・完了・状態 ことわった 連用形音便 +
言い切り ことわる 終止形のみ
名詞化 ことわること 連体形 + こと
仮定条件 ことわれば 仮定形 +
命令 ことわれ 命令形のみ

派生語[編集]

類義語[編集]

語義6

対義語[編集]

語義6

翻訳[編集]

古典日本語[編集]

動詞[編集]

ことわるる、る、る】

  1. 説明する
  2. 判定する

活用

ラ行四段活用
ことわ-る