ふし

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ふじ 、 ぶし 、および ぶじ も参照。

日本語[編集]

名詞:五倍子・付子・附子[編集]

ふし, 子, 子】

  1. ヌルデアブラムシ寄生した時にできるこぶ。 (秋の季語)

名詞:節[編集]

ふし

  1. にある膨れ部分
  2. 板に残る枝のあと。
  3. 関節
  4. 区切り。節目。
  5. おり機会
  6. そのように見受けられる様子。疑いを持たれるような痕跡
  7. 和楽旋律
  8. 文や詩などを読むときの抑揚
  9. ゆでた魚肉燻蒸した食品。さらに天日干しや黴つけの工程を加えることもある。
    • 鰹節。なまり節。削り節。
  10. 定常波(wp)で、振動していない部分

翻訳[編集]

竹の膨れた部分
旋律
定常波の部分

名詞:柴[編集]

ふし

  1. しば

同音異義語[編集]

ふし