はら

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ばら および バラ も参照。

日本語[編集]

名詞:原[編集]

はら

  1. (草の生えた)ひろたいらな土地

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
は↘ら
京阪式アクセント[編集]
↗はら

関連語[編集]

翻訳[編集]

名詞:腹・肚[編集]

はら,

  1. の、などがある部分。胴の、肋骨よりあし下肢うしろあし)に近い部分のうち、ぼねから肋骨の出る方向にある側の柔らかい部分。しりの反対側にあたる部分は、したばらと呼んで区別することがある。また特に胃、または胃腸
  2. ものを人や動物の胴に見立てて腹にあたる部分。もののふくらんだ部分。
  3. 人の、ものをふかかんがえたりかんがえをしまっておいたりする部分。
  4. 度量度胸
  5. 懐中ふところ財布
    • 彼はが痛まない。(出費がない)
  6. 【腹】定常波(wp)で、最大限振動している部分
  7. 昆虫の主な体節のひとつ。胸の下にある。

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
は↗ら↘
京阪式アクセント[編集]
は↘ら

関連語[編集]

翻訳[編集]

動物の胴の前の部分
定常波の部分

名詞:大角[編集]

はら

  1. 大角はらのふえの略。

接尾辞[編集]

はら

  1. 数助詞。 さかなたまご卵巣)を数えるのに使う。

古典日本語[編集]

発音[編集]

二拍名詞三類

平安時代[編集]

↘ふぁら

南北朝時代[編集]

ふぁ↘ら

江戸時代[編集]

は↘ら

名詞[編集]

はら

  1. おなか腹部
  2. 中程なかほど部分
  3. その女性からまれたこと。また、その人。
  4. 血筋ちすじ
  5. ち。かんがえ。心中

沖縄語[編集]

名詞[編集]

はら

  1. がわ方面

接尾辞[編集]

はら

  1. 〜の側。〜の
  2. 〜の親類

北奄美大島語[編集]

名詞[編集]

はら

  1. (母親の)はら。