出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こ 教科書体
書き順

日本語[編集]

名詞:子[編集]

  1. こども

ことわざ[編集]

名詞:粉[編集]

  1. こな
    • 小麦粉。片栗粉。粉ふきいも。
    • 身を粉にして働く

接頭辞[編集]

  1. 近称の指示詞を構成する。
  2. 】「幼い」や子供」の意を添える。
  3. 】「小さい」「狭い」の意を添える。
  4. 能力であることを表す。
類義語
対義語

接尾辞[編集]

  1. っこ に後続するときの形。
    • ごっつん
    • どろん
    • にゃん
  2. 女性や女性風のあだなを作る。
    • さし
    • マツ

造語成分[編集]

  1. さかななまこを指す。

漢字[編集]

Wiktionary:漢字索引 音訓 こ参照


古典日本語[編集]

代名詞[編集]

  1. 近称の指示代名詞)これ
  2. (第1人称代名詞)わたし

語源[編集]

おのれもとに在る物を「これ」と指し示す上古の近称代名詞であった「乙類(此・己・許)」から出来た。

関連語[編集]

日本語の指示詞
  近称-) 中称-) 遠称- 不定称-)
指示代名詞 これ [複数: これら] それ [複数: それら] あれ [複数: あれら] どれ
指示代名詞 こいつ
こちらさま
そいつ
そちらさま
あいつ
あちらさま
どいつ
どちらさま
連体詞 この その あの どの
場所 ここ
こっから
そこ
そっから
あそこ
 
どこ
どっから
方向 こちらこっち そちらそっち あちらあっち どちらどっち
態様 こう
こんな
こんくらい
こんだけ
そう
そんな
そんくらい
そんだけ
ああ
あんな
あんくらい
あんだけ
どう
どんな
どんくらい
どんだけ

文字コード[編集]