回帰

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

回归 および 回歸 も参照。

日本語[編集]

この単語の漢字
かい
第二学年

第二学年
音読み 音読み

発音[編集]

か↘いき

名詞[編集]

(かいき)

  1. ある状態場所から、別の状態場所を経て、の状態や場所に戻ること。
    • 何をもっても、地方での定住、そして地方への人の回帰、そういうことを進める上では雇用が必要であります。(簗和生、第189回国会予算委員会)〔2015年〕[1]
  2. (統計学) ある統計データと別の統計データの関係を調べるために、ある量の期待値を別の量の関数として表すこと。を成している変数 xy のデータが与えられたときに、x を一定とみなしたときの y の期待値を、x の関数として表すこと。
    • これは市場取引価格、農家販売価格、それぞれ過去データがございますので、その回帰をとって計算するということでございます。(農林水産省、食料・農業・農村政策審議会畜産部会)〔2016年〕[2]

類義語[編集]

複合語・派生語[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

(語義1)

(語義2)

動詞[編集]

回帰 する(かいき する)

  1. (自動詞)ある状態場所から、別の状態場所を経て、の状態や場所に戻る
    • 浮気っぽい私のことで、浮気は人並以上にやるだろうが、私が私の家へ回帰する道を見失うことは決してあり得ない。(坂口安吾「安吾人生案内」)〔1951年〕[3]
  2. (他動詞)(統計学)ある統計データと別の統計データの関係を調べるために、ある量の期待値を別の量の関数として表す。
    • […]いずれも上が窒素、下がりんと、それぞれの指標との関係を示しております。いずれも直線で回帰したものです。(環境省、中央環境審議会水環境部会総量規制専門委員会)〔2016年〕[4]


回帰-する 動詞活用表日本語の活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
回帰

する する すれ しろ
せよ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 回帰しない 未然形 + ない
否定(古風) 回帰せず 未然形 +
自発・受身
可能・尊敬
回帰される 未然形 + れる
丁寧 回帰します 連用形 + ます
過去・完了・状態 回帰した 連用形 +
言い切り 回帰する 終止形のみ
名詞化 回帰すること 連体形 + こと
仮定条件 回帰すれば 仮定形 +
命令 回帰しろ
回帰せよ
命令形のみ

[編集]

  1. 「第189回国会 予算委員会第二分科会 第1号(平成27年3月10日(火曜日)) 」衆議院ホームページ http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigirokua.nsf/html/kaigirokua/003218920150310001.htm 2019年6月6日参照。
  2. 『食料・農業・農村政策審議会畜産部会平成28年度第2回部会議事録』(農林水産省ホームページ) http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/tikusan/bukai/170327.html 2019年6月6日参照。
  3. 青空文庫(2010年1月14日作成)(底本:「坂口安吾全集 11」筑摩書房、1998年12月20日初版第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/45923_37869.html 2019年6月6日参照。
  4. 『中央環境審議会水環境部会 総量規制専門委員会(第1回)議事録』(環境省ホームページ) http://www.env.go.jp/council/09water/y097-01a.html 2019年6月6日参照。