出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。もとは音符「きね)」に「(人)」を加えた形で、人が杵で土をつき固めならす様を意味。のちに「」と「(足)」を加え、馬を馴らし進ませることを意味した。

意義[編集]

  1. おさめる
    統御
  2. 馬を馴らして、思い通りに操る。
    なお、御者は「馭者」の書き換え字で、古典漢文では意味が異なり侍従を意味する。
  3. 天子皇帝天皇の側に伺候する又は伺候する者。
    女御
  4. 天子皇帝天皇の行為や所有物。
    御製御物
  5. まもる。字源を同じくする「」の代替字として用いられる。
    防禦

日本語[編集]

発音[編集]

動詞[編集]

御する(ギョする)

  1. 馬を馴らし、操る
  2. あるものの行動などを制し、思い通りに動かす。
    御しやすい
  3. 天子皇帝天皇の側に伺候する。

接頭辞[編集]

  1. (ゴ、ギョ)物や行動を表す漢語について、尊敬語を形成する。
    御所御前御覧になる御名御璽御物
  2. おんおおん)尊敬語・美化語を作る和語接頭辞「」、「おん」、「おおん」に当てる。
    御膳立ておぜんだて
  3. (ゴ)敬意の相手方を対象とする行為を表す語について、謙譲語を形成する。
    案内する。

接尾辞[編集]

  1. (ゴ)和語に接尾して尊敬語を作る。
    親御姉御

熟語[編集]

成句[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]