御馳走

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

   (御+馳走 ごちそう 表記揺れご馳走

  1. 心を込めたもてなし
    • 後から聞いて始めて此花が私に対する御馳走に活けられたのだといふ事を知った時、私は心のうちで苦笑しました。(夏目漱石(wp)こころ[1]』〔1914年
  2. 贅沢料理豪華食事。もともとは、ハレの日(wp)のお祝い料理。
  3. 特別食事などをふるまうこと。来客へ食事をもてなすこと。また、食事などをふるまわれたり、もてなされたりすること。
    • ごちそうする。ごちそうになる。

発音[編集]

ゴ↗チソー

語源[編集]

もともと馳走とは走りまわること。用意のために走り回ることから「もてなし」、また食材を集めることから食事、さらにそれをを振舞う意味になった。のちに丁寧を表す接頭語がついて「ごちそう」が定着した。馳走する人や、する相手をうやまっていう。

関連語[編集]

類義語[編集]
対義語[編集]
派生語[編集]

翻訳[編集]