出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声、「」+ 音符「」。「」は「」(太鼓の象形) と「」(手を広げた様子の象形) を合わせた字で、太鼓を台に「たてる」こと。これに「木」を合わせて、「立ち木」や、木のように物事を「うちたてる」こと。

意義[編集]

  1. たちぎ
  2. たてるうちたてる

日本語[編集]

発音(?)[編集]


熟語[編集]

手書きの字形について[編集]

  • 構成要素「士」の第1画と第3画の横画の長短は問わない。「士」のように書いても、「土」のように書いても、同じ長さで書いてもよい。[1]

中国語[編集]

*

名詞[編集]

  1. 木本の植物

人名[編集]

  1. 中国人ののひとつ。

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

名詞[編集]

  1. 樹木

コード等[編集]

点字[編集]

脚注[編集]