出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「耳」+音符「」、「戠」の古形は「(大型の針状の刃物)」+「くい)」で目印をつけること。他と区別して目立つ、明確になるなどの意を有する。耳で聞いて聞き分け、よく理解している仕事。

意義[編集]

  1. しごと定業)。
  2. くらい官秩)。
  3. 官務つかさやくめつとめ
  4. みつぎ貢納)。
  5. 主としておもにもっぱら
  6. しるす、微細のことを記す。
  7. 主掌する、つとめとする、つかさどる

日本語[編集]

発音[編集]


名詞[編集]

  1. (しき) 律令制で、し、する役所中宮職大膳職京職など。
  2. (しき) 職の曹司しきのぞうし略称
  3. (しき) 荘園制度において、職務付随した権益または土地用益などをいう。私財して譲与対象となった。領家職守護職地頭職名主職など。
  4. (しょく) 担当する役目職務
  5. (しょく) 生活支えるための仕事。また、その手段となる技能
  6. (そく) 官職職務

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

名詞[編集]

  1. 職業職責

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

名詞[編集]

  1. 職務

コード等[編集]