回転

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

かいてん廻転」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. 物体回ること。物体を回すこと。
  2. 身体を使って転がったり回ったり宙返りをしたりすること。
    • 三回転半ジャンプ
  3. よく機能すること。働きがよいこと。
  4. (仕入れられた商品が売れて在庫がなくなりまた仕入れるという一連の動きから)よくさばけること。
  5. (数学) 剛体を点または軸のまわりに一定角だけ動かすこと。一般に、回転行列(行列式の値が1の直交行列)によって表現される座標の変換。
  6. (数学) 三次元ベクトル解析において、各点の周りでベクトル場が運動の向きを変えようとする傾向を記述する微分ベクトル場のこと。
  7. (スキー、スノーボード)アルペン種目の1つで、旗門で定められたコースを通過する時間を競うもの。スラローム

表記[編集]

  • 同音の漢字による書きかえ」(1956年)には、「廻転」の書きかえとして「回転」が掲げられている。ただし、それ以前からどちらの表記も用いられており、例えば『和漢雅俗いろは辞典』(高橋五郎、六合館、1913年)には「廻轉」と「回轉」の両方の表記が掲げられている。

発音(?)[編集]

  • カ↗イテン

関連語[編集]

数学用語

翻訳[編集]

数学用語

動詞[編集]

活用[編集]