忖度

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア忖度 の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

そんたく

  1. (漢語的表現)他人内心真意推し量ること。
    ――じっと傾けている耳には、内心深く、電光石火暗算と、謀叛の有無の忖度と、片言隻句暗示も聞き洩らすまいとする努力とが伴っていた。すぐ、さしあたってはなにも危険はなさそうだと推察することができた。 (リットン・ストレチー『エリザベスとエセックス』片岡鉄兵訳)〔1941年〕[1]

発音[編集]

  • そ↘んたく

関連語[編集]

動詞[編集]

  1. 他人の内心や真意を推測する。意図を汲み取る。
    先生の博士問題のごときも、これを「奇をてらう」として非難するのは、あまりに自己の卑しい心事をもって他を忖度そんたくし過ぎると思う。(和辻哲郎「夏目先生の追憶」、『新小説』1月臨時号)〔1917年〕[2]
    この上君の内部生活を忖度そんたくしたり揣摩しましたりするのは僕のなしうるところではない。 (有島武郎『生まれいずる悩み』)〔1918年〕[3]
    ただ、この沖縄の同胞の気持からいえば、それこそ新アドミニストレーションができて、相当日本関係あるいは極東関係についても、新政府のもう少し、より現実的なといいますか、より住民の意思を忖度するような政策を期待しておったと思うのですが(...) (曽祢益、参議院会議録情報 第038回国会 外務委員会 第7号)〔1961年〕

活用

サ行変格活用
忖度-する

関連語[編集]

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

忖度촌탁

  1. (日本語に同じ)忖度

中国語[編集]

発音[編集]

  • 普通話: cǔnduó
  • 國語: ㄘㄨㄣˇ ㄉㄨㄛˋ
  • 広東語
    イェール式: chyun2dok6
    粵拼: cyun2dok6

動詞[編集]

忖度

  1. 推し量る
    奕奕寢廟,君子作之。秩秩大猷,聖人莫之。他人有心,予忖度之。躍躍毚兔,遇犬獲之。(『詩經』「小雅‧節南山之什‧巧言」)
  2. 考える

類義語[編集]