出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「」(死体、骨)+「」()。骨付きの肉を、刀で切り分け(「」)て「ならべる」こと、刀で切った骨付きの肉が「ならぶ」こと。

意義[編集]

  1. ならぶならべる
  2. ならんだもの。

日本語[編集]

発音(?)[編集]

名詞[編集]

(れつ)

(語義1の例)ガチョウの
  1. 複数の人や物が、のように隣り合いながら続いていること。
    • 1939年、久生十蘭「犂氏の友情」[1]
      夕方になると、湖から飛び上った白鳥のが、銀の鈴を振るような声で鳴きながら北のほうへ渡って行く
    • 1951年、豊島与志雄「広場のベンチ」[2]
      鉄道線路に沿って、避難民がをなして歩いていた。皆ぼろぼろの服をつけ、足はたいてい跣で、小さな荷物を提げ、とぼとぼと歩いていた。
  2. 同種のもの。仲間
    • 1939年、吉川英治「新書太閤記」[3]
      ――それにひきかえ、この三蔵は、親に似気なき天晴れ者と、きのうも直々、池田入道勝入さまから、お褒めのことばを頂戴し……さ。しかも、今夜のことがうまく行ったら、士分のに加えてやろうとも仰っしゃった
    • 2006年、水上茂樹訳、ハンス・ジンサー「ネズミ、シラミ、歴史」[4]
      「シラミで大変に困ったら」ある宗教の聖人に頼むと聖人は「他の人たちが見つけられるすべてのシラミを取って(自分の?)頭に移して養う。」情け深い自己犠牲の行為であってこれによってだけでも聖人のに加えられる。
  3. (数学) 対象あるいは事象が羅列されたものを順番に並べたもの。wikipediaの記事
  4. (線型代数学) 行列において方向の成分の並び。
    • 2020年、文部科学省「行列入門」[5]
      行列の場合には、行列 Aの個数が行列 B の行の個数に等しい場合に限り、積 AB を考えることができた。したがって、AB が計算できても、BA が計算できるとは限らない。

対義語[編集]

  • (語義4)

翻訳[編集]

(語義1)

(語義4)

動詞[編集]

する (れつする)

  1. (自動詞) 出席する。
    • 1924年、岸田國士「上演目録」[6]
      偶々、先日帝大劇講演会に列して、林和氏の講演を聴き、文芸座の上演戯曲選定方針について興味ある意見に接し[…]
    • 1954年、山本周五郎「樅ノ木は残った」[7]
      良源院は増上寺の塔頭で、伊達家の宿坊になっていた。増上寺で将軍家の年忌行事などのあるとき、それに列する藩主や重臣が、そこで装束を改めたり休息したりするのである。
  2. (自動詞) (「…に列する」の形で)…の同種として含められる。…の一種である。
    • 1924年、柳宗悦「沖縄の思い出」[8]
      あの偉大な尚真王代の遺蹟は、真に国宝に列するもので、とりわけ石彫の美は四百年後の今日も昔のままの姿で、美しく立派なものでありました。
    • 1949年、牧野富太郎「植物知識」[9]
      ヒマワリの姉妹品にキクイモがあって同属に列する。その学名を Helianthus tuberosus L.(この種名は塊茎を有する意)と称し[…]
  3. (他動詞) 並べる連ねる
    • 1912年、井上円了「南半球五万哩」[10]
      市街は海と山との間四、五町にわたりて軒を列するも、見るべきほどの店なし。
    • 1916年、森鴎外「壽阿彌の手紙」[11]
      然るに十代昌同は壽阿彌の同僚で、連歌の卷々に名を列してゐる。

活用[編集]

熟語[編集]


中国語[編集]

*

動詞[編集]

  1. ならぶ。ならべる。
  2. む。

量詞[編集]

  1. 列になったものに用いる量詞。

人名[編集]

  1. 中国人ののひとつ。

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

名詞[編集]

  1. (日本語に同じ)列。

熟語[編集]


ベトナム語[編集]

*

動詞[編集]

  1. 名簿記入する。

コード等[編集]


[編集]

  1. 青空文庫(2007年12月20日作成)(底本:「現代日本のユーモア文学 6」立風書房、1981(昭和56)年2月28日第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001224/files/46150_29263.html
  2. 青空文庫(2007年1月16日作成)(底本:「豊島与志雄著作集 第五巻(小説5・戯曲)」未来社、1966(昭和41)年11月15日第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000906/files/42670_25745.html
  3. 青空文庫(2016年3月4日作成)(底本:「新書太閤記(十)」吉川英治歴史時代文庫、講談社、2009(平成21)年3月2日第20刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001562/files/56761_58895.html
  4. 青空文庫(2019(平成31)年3月12日公開、CC BY 2.1 JP公開)(底本:Hans Zinsser "RATS, LICE, AND HISTORY" (1935))https://www.aozora.gr.jp/cards/001493/files/51196_67513.html
  5. 文部科学省『行列入門』p. 25(文部科学省ホームページ)政府標準利用規約(第2.0版)公開 https://www.mext.go.jp/content/20210525-mxt_kyoiku01-000009442_1_1.pdf 2021年9月5日参照。
  6. 青空文庫(2008年11月30日作成)(底本:「岸田國士全集19」岩波書店 、1989(平成元)年12月8日発行)https://www.aozora.gr.jp/cards/001154/files/44330_33638.html
  7. 青空文庫(2018年1月27日作成、2018年9月21日修正)(底本:「山本周五郎全集第九巻 樅ノ木は残った(上)」新潮社、1982(昭和57)年11月25日発行)https://www.aozora.gr.jp/cards/001869/files/57788_63886.html
  8. 青空文庫(2008年11月30日作成)(底本:「岸田國士全集19」岩波書店 、1989(平成元)年12月8日発行)https://www.aozora.gr.jp/cards/001520/files/56737_68269.html
  9. 青空文庫(2007年12月17日作成、2012年5月13日修正)(底本:「植物知識」講談社、1993(平成5)年10月20日第22刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001266/files/46821_29301.html
  10. 青空文庫(2011年8月29日作成)(底本:「井上円了・世界旅行記」柏書房、2003(平成15)年11月15日 第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001021/files/50119_44765.html
  11. 青空文庫(2005年1月26日作成、2011年3月21日修正)(底本:「筑摩全集類聚森鴎外全集第四巻」筑摩書房、1972(昭和47)年6月20日初版第2刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000129/files/42352_17662.html