出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形。肘をを曲げて一つにまとめるさま。一からの数字を最後にまとめる意味(藤堂)。竜を象った文字で、音を仮借したもの(白川)。
九-oracle.svg 九-bronze.svg

九-silk.svg

九-seal.svg

九-bigseal.svg
甲骨文字 金文

簡帛文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. (数字) 9の二乗。

日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]

名詞[編集]

きゅう

  1. 9の二乗。の次の数。助数詞が続く場合や小数部ではきゅうと読むことが多いが、「」と読む例外もある。
    • 九個きゅうこ
    • 九匹きゅうひき
    • 九人きゅうにん、くにん
    • 九段きゅうだん、くだん
    • 九年きゅうねん、くねん
    • 九時くじ
    • 九月くがつ
    • 九分九厘くぶくりん

翻訳[編集]


中国語[編集]

数詞[編集]

  1. 9

形容詞[編集]

  1. くりかえしたびたび多数の。

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

名詞: 数詞[編集]

  1. 9

熟語: 朝鮮語[編集]


ベトナム語[編集]

*


コード等[編集]

点字[編集]