こし

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

こじ 、 ごし 、および ごじ も参照。

日本語[編集]

名詞: 腰[編集]

こし

  1. なかしりの間。ウエストうし
  2. などのねばつよさ。
  3. (文学) 和歌の第三句の五文字。

発音: 腰[編集]

東京式アクセント[編集]
こ↗し
京阪式アクセント[編集]
↗こし

語源: 腰[編集]

関連語: 腰[編集]

翻訳: 腰[編集]

接尾辞: 腰[編集]

こし

  1. 姿勢態度ものごしを表す。
  2. 助数詞を数える単位。

名詞: 輿[編集]

こし輿

  1. 主に近世以前に用いられた乗り物で、かたの内又は台座の上に乗せ、それを複数のながの上に乗せて、複数の人により担ぐなどして運ぶもの。主に貴人に用いた。

熟語: 輿[編集]

固有名詞[編集]

こし, 高志

  1. 古代日本の地名。現在の福井県東部から石川県富山県新潟県山形県南部一帯。古くは、「こし」の音に「高志」の文字が当てられていたが、後に「越」が当てられ、音で「えつ(漢音 呉音は"えち")」とも称された。7世紀末に、南から越前(のちの加賀能登を含む)・越中越後出羽の一部を含む)に分割された。
  2. 主に新潟県地域の雅語的表現。
    • 使用例:コシヒカリ、越乃寒梅

関連語: 越[編集]

同音異義語[編集]

こし



古典日本語[編集]

形容詞[編集]

こしし】

  1. (色が)い。特に、むらさき色・べに色が濃い。
  2. 濃厚だ。

発音[編集]

二拍形容詞一類

平安時代[編集]
(連用形)こ↘く
(連体形)こき↘ぃ
室町時代以降[編集]
(連用形)こ↘く
(連体形)こ↘き

諸言語への影響[編集]

  • 現代日本語: こい(濃い)

名詞:腰[編集]

こし

  1. (身体・和歌などの)腰。
  2. やますそ

名詞:輿[編集]

こし輿

  1. (乗り物)輿。

発音[編集]

二拍名詞一類

↗こし

接尾辞[編集]

こし

  1. 刀や袴を数える語。