狭義

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(きょうぎ)

1. 狭い語義。ある言葉示す意味範囲広狭がある場合の、限定解釈したほうの意味。
みかん蜜柑)とは、狭義では温州みかん(温州蜜柑ウンシュウミカン(wp)のみ指すが、広義では分類学上のミカン(wp)(ウンシュウミカン、ナツミカンキンカンハッサクユズなど)に含まれるいくつかの品種(wp)人為分類(wp)総称であり、そしてまた、最広義では柑橘類全般を意味する。
みかん(蜜柑)とは、広義では柑橘類全般を意味するが、狭義では分類学上のミカン属に含まれるいくつかの品種の人為分類的総称であり、そしてまた、最狭義では温州みかんのみを指す。
第一義原義本義新義古義などと併用されることがある。
  • 用例
それは狭義の一つであり、前述が広義かつ第一義であるのに対して、第二義もしくは第三義である。
2. 狭い意味。狭い意義。ある事象が示す意味の範囲に広狭がある場合の、限定的に解釈したほうの意味。
  • 用例
狭義国防」「狭義密約(wp)

発音[編集]

関連語[編集]

複合語[編集]
  • 狭義 :狭義の。狭い意味の。限定的な意味の。対義語は、広義的。
  • 狭義語 :ある単語よりもより限定的な単語。対義語は、広義語
  • 狭義 :最も狭い語義。ある言葉が示す意味の範囲に広狭があり、三つ以上ある場合の、最も狭義にあたる一つ。対義語は、最広義
特定分野における複合語
対義語[編集]

翻訳[編集]