出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。上部はの略で、撚り合わせる前の糸を意味する。
    と同系。
素-bronze.svg

素-seal.svg

素-bigseal.svg
金文

小篆

流伝の古文字
西周

説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. もとの、基となるもの、原材料(の)
  2. 手を加えていない
  3. 普通

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. (もと)原材料、あるものを構成するもの、エッセンス
    • 味の
  2. (ス)正気
    • に戻る。
  3. (ソ)(数論)1とそれ自身のほかに約数を持たないこと。また1のほかに公約数を持たないこと。
    • 互いに数。

熟語[編集]

接尾辞[編集]

  1. (ソ)生み出す元となるもの。特に非金属元素。
    • 、酸、フッ
  2. (ソ)言語の構成単位。
    • 、形態、語彙

翻訳[編集]

接頭辞[編集]

  1. (ス)むきだしの。
    • 顔、手、足、肌。
  2. (ス)ただの。
    • 町人。

中国語[編集]

*

形容詞[編集]

  1. あっさりした

名詞[編集]

  1. 精進料理

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*


コード等[編集]