出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「」+「」、かわごろもの毛のある方の意。毛のある方が外側であり、「おもて」に出ることから。

意義[編集]

  1. おもて
  2. あらわすあらわれる
  3. 一覧でわかるようにすること、又は、そうしたもの。
  4. 意思を示した文書

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

発音[編集]

名詞[編集]

  1. おもて公然の場。
  2. おもて)家の前。
    • 子供は、で遊んでなさい。
  3. ヒョウ)物事の関係が一目でわかるように、情報データなどを簡潔配置したもの。
  4. ヒョウ仏教他人しめすことのできる状態を表す言葉状態を表すのに用いる。無表むひょうの対義語(ウィキペディア「」も参照)。

熟語[編集]

翻訳[編集]

語義3


中国語[編集]

*時計メーター)の簡体字としても用いられる)

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]


コード等[編集]