出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形。楽器などをかけるぎざぎざのついた台を象る。苦労して仕事をするの意か?

意義[編集]

  1. わざ
  2. なりわい


日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. ギョウ 法律 「業として」の形で)対価を得る目的で、反復的・継続的に行う行為
    類義語:業務上;但し、「対価を得る目的で」の意は薄れる。
    何人も、法律に基いて許される場合の外、業として他人の就業介入して利益を得てはならない。(労働基準法第6条)
  2. ゴウ 仏教)人として生まれついて、不合理であることはわかりつつも、行ってしまうふるまい。「カルマ」の訳。業から逃れることを解脱という。
    思えばこの屋敷は化物屋敷に違いない、この神尾主膳と、あの藤原の娘のお銀とが落ち合って、睨み合っているのさえ空怖ろしい悪戯であるのに、の尽きない机竜之助という盲目が、あれが難物じゃ。(中里介山大菩薩峠 黒業白業の巻』)

連語[編集]

接尾辞[編集]

  1. 産業を分類する際に用いる接尾語。
    建築業、金融業

熟語[編集]

中国語[編集]

*

人名[編集]

  1. 中国人ののひとつ。

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]

ベトナム語[編集]

*

名詞[編集]

  1. 事業
  2. 業、カルマ

コード等[編集]

点字[編集]