すむ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞・住[編集]

すむむ・む・む】

  1. ある家屋等一定の場所・領域において、普段寝起きする。生活する。
    • 人の場合、「住む」を用い、動物などの場合、「棲む・栖む」を用いる。

活用[編集]

す-む 動詞活用表日本語の活用
マ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形


各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 すまない 未然形 + ない
意志・勧誘 すもう 未然形音便 +
丁寧 すみます 連用形 + ます
過去・完了・状態 すんだ 連用形音便 +
言い切り すむ 終止形のみ
名詞化 すむこと 連体形 + こと
仮定条件 すめば 仮定形 +
命令 すめ 命令形のみ

語源[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

動詞・済[編集]

すむむ】

  1. 残すところなく、すっかり終える完了する。
  2. あることを終えるのに、負担被害などが想定していたものを下回る。
  3. (「が済む」の形で)不満などが治まる満足する。

活用

マ行五段活用
す-む

語源[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

動詞・澄[編集]

すむむ・む】

  1. 水などの液体が、混ざりものなどの濁りがなくなり、透明になる。又は濁りがなくなる。
  2. 都会を離れた場所の空気が、混ざりものが無いように感じられる。
  3. がない。

活用

マ行五段活用
す-む

語源[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

語義1