たく

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

同音の漢字(音読み)はWiktionary:漢字索引 音訓 ‎た#タク参照

だく および タグ も参照。

日本語[編集]

動詞[編集]

たく

  1. く】枝葉材木などを燃やして、火を使えるようにする。
    火を焚く。
  2. く】燃やす。
    護摩木を焚く。
  3. く】線香や香木などに火をつけて、くすぶらせる。
    お香を焚く。
  4. く】火を使って料理する。煮る。
    茄子を油揚げと炊く。
  5. く】米を炊飯して飯にする、かしぐ。(米を水と加熱して、吸水させ、デンプンをアルファ化する。)
    ご飯を炊く。

活用

カ行五段活用
た-く

発音[編集]

東京アクセント[編集]
た↗く
京阪アクセント[編集]
↗たく

関連語[編集]


古典日本語[編集]

名詞[編集]

たく

  1. こうぞ

動詞:焚[編集]

たくく】

  1. やす。く。
  2. く】コウくゆらす。

活用

カ行四段活用
た-く

発音(連体形)[編集]

二拍動詞一類

↗たく

子孫語[編集]

  • 現代日本語: たく

動詞:長[編集]

たくく、く】

  1. (日や月が)たかくなる。
  2. さかりがぎる。
  3. 盛りになる。円熟する。

活用

カ行下二段活用
た-く

発音(連体形)[編集]

三拍動詞二類

平安時代[編集]
たく↗る
南北朝時代[編集]
た↘く↗る
室町時代以降[編集]
た↘くる

子孫語[編集]

動詞:綰[編集]

たくく】

上代語

  1. かみげてたばねる。
  2. 手綱たづなあやつる。
  3. ふねぐ。

活用

カ行四段活用
た-く

琉球語[編集]

名詞[編集]

たく

  1. たこ