おきる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

おきるきる・きる】

  1. (起きる)人や棒状のものなどが、伏せている、横になっている状態から、縦になる。立体の最も長い軸が、地面と直角あるいはそれに近い角度で交わる状態になる。
  2. (起きる)眠りから覚める寝床から出る。
    • 早朝におきる
  3. (起きる)寝ない状態でいる。
    • 深夜までおきている。
  4. (起きる)気がつく。
  5. (起きる)物事がじる。発生する。おこる
    • 事件がおきる
    1. ある原因によって物事が生じる。
      • 運動不足から起きる肥満。
  6. (熾きる)火の勢いが増す。に火がつく。
    • 火がおきる

発音[編集]

  • オキ↘ル

活用[編集]

お-きる 動詞活用表日本語の活用
カ行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
きる きる きれ きよ
きろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 おきない 未然形 + ない
意志・勧誘 おきよう 未然形 + よう
丁寧 おきます 連用形 + ます
過去・完了・状態 おきた 連用形 +
言い切り おきる 終止形のみ
名詞化 おきること 連体形 + こと
仮定条件 おきれば 仮定形 +
命令 おきよ
おきろ
命令形のみ

関連語[編集]

複合語[編集]

類義語[編集]

対義語[編集]

成句[編集]

翻訳[編集]

たつ

めがさめる

寝ないでいる

生じる

参考[編集]

  • 初版の定義は 上田万年松井簡治『大日本国語辞典』 金港堂書籍、第1巻、1915年10月8日、紙面538ページ、デジタル282ページ、全国書誌番号:43022818、国立国会図書館デジタルライブラリー pid 954645/282 より