出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

漢字[編集]

字源[編集]

  • 土の上に生え出た草木に象る(説文)。
  • 象形説。草のはえ出る形(白川)。
  • 会意説。草のはえ出る形+(藤堂)。
  • (草の象形)+一(地面の象形)で、草のはえ出る形(漢語多功能字庫)。[2]
生-oracle.svg 生-bronze.svg

生-seal.svg

生-bigseal.svg
甲骨文字 金文

小篆

流伝の古文字
西周

説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. いきる
  2. いのち
  3. うまれる
  4. はえる
  5. 物事が起こる
  6. 暮らす
  7. 純粋
  8. 新しい
    • 生傷
  9. (食品などが火を通していない)なまの状態
    • 生物。生煮え。
  10. 中途半端な
    • 生兵法、生半可
  11. 勉強をしている人。あるいは、学校、塾などに通っている人。
  • (1~5)対義字:

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

発音[編集]

動詞[編集]

(文語)生ず/(口語)生じる(ショウずる、ショウじる)

  1. うまれでる。
  2. そのものの形や事象がなかったところから現れる。発生する。

名詞[編集]

  1. セイいのち生命

熟語[編集]


中国語[編集]

動詞[編集]

  1. まれる
  2. 生じる、発生する
  3. おこ
  4. そだ

形容詞[編集]

  1. していない
  2. なま
  3. らない
  4. れていない
  5. 加工していない

対義語[編集]

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]


ベトナム語[編集]

*


コード等[編集]

点字[編集]

脚注[編集]

  1. 『大きな活字の楷行草筆順・字体字典』江守賢治 三省堂 1983年
  2. 漢語多功能字庫(香港中文大學)2016年