はれ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

はれー も参照。

日本語[編集]

名詞:晴れ[編集]

はれれ, れ】

  1. 太陽ている、くもすくない天気。日本式天気記号では、雲量2から8状態。国際気象通報式では1。
  2. 非日常祭り儀式に相応しい状態。

翻訳[編集]

英語

関連語[編集]

名詞:腫れ[編集]

はれれ, れ】

  1. (病理学) 炎症などによって皮膚にできたふくらみふくれ

関連語[編集]

感動詞[編集]

はれ

  1. 驚いたときや感動したときにはっする言葉あれまあ

動詞[編集]

はれ

  1. はる」の仮定形。
  2. 「はる」の命令形。
  3. はれる」の未然形。
  4. 「はれる」の連用形。

古典日本語[編集]

名詞[編集]

はれ

  1. (現代語語義1)はれ。
  2. こころれする場所
  3. おおやけ正式

発音[編集]

二拍名詞三類

平安時代[編集]
↘ふぁれ
南北朝時代[編集]
ふぁ↘れ
江戸時代[編集]
は↘れ

感動詞[編集]

はれ

  1. (感動した時などに発する語)あれまあ
  2. (歌謡の囃子詞ああやれそりゃ

北奄美大島語[編集]

名詞[編集]

はれ

  1. (牛や豚の)脂身あぶらみ
  2. はらい。